夢日記が9割 ~ゆめ見のひとりごと~

あなたは自分の見た夢からどんなメッセージを受け取りますか? 毎日の夢からメッセージを読み取ることで、日常生活を幸せに乗り切ることを目指して夢日記をはじめました。

【夢日記】パキスタンの兵隊さんに教える

2020年1月25日

【夢の内容】

パキスタン人の兵隊数人に、自己紹介の話し方を説明している。

 

みんな、話す内容の順番がバラバラでわかりにくかったので、

順番を整理してあげている。

 

たとえば、出身地、勤続年数、専門、勤務地、所属、実戦経験のエピソード等を

順番に伝えることだ。

 

実際に、この流れで話してもらうと、

1人1人の兵隊さんの状況が絵に浮かぶようにわかってきた。

 

まだパキスタンに行ったことはないが、

川が流れ、青々とした土地の情景が目に浮かぶ。

f:id:yumemessage:20200125092748j:plain

 

 

そこで目が覚めた。

 

【読み取ったメッセージ】

「人に教える」ということは、

「人に教えたい」という心理からきているのではないだろうか?

今持っている知識を整理したり、何か新しい事ことを知る。

あるいは、苦手なことを勉強し得意に変えていくといった前向きな意味と

読み取った。

 

【夢コラム】吉田松陰の人生を変えた【夢】

2020年1月24日

【夢コラム】吉田松陰の人生を変えた【夢】

f:id:yumemessage:20200124104604j:plain



ある夜、松陰が寝ていると、【夢】の中にいきなり神人が現れた。

 

そして神は、松陰にスッと一枚の名刺を差し出した。

 

受け取ると、そこには

 

「二十一回猛士」

 

と書かれていた。

 

「猛きことを二十一回行いなさい」

 

松陰は【夢】をキッカケに世の中を変えようと決めました。

 

その後松陰は、投獄されても活動を続け、

松下村塾を主催、老中暗殺を企てる等

処刑されるまで「猛きこと」を実行

していきました。

 

吉田松陰 辞世の句。

 

身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ぬとも 留置かまし 大和魂

十月念五日 二十一回猛士

 

 

(出典:夢のお告げが変えた日本史)

【夢コラム】三代将軍・徳川家光

2020年1月22日

【夢コラム】

江戸幕府の三代将軍・徳川家光は、
祖父の家康を敬愛し

 

【夢】の中でたびたび家康の姿を見
さまざまな教訓を与えられた。

f:id:yumemessage:20200123000501j:plain

 

たとえば、【夢】の中で家康としばしば語り合い、

病気を治してもらったり、

政策のヒントを授けてもらったという。

 

家光はその姿を絵師に描かせ、居間などに飾っている。

しかも絵は一枚ではなく、現存しているものだけでも

十数枚あるという。

 

(出典:夢のお告げが変えた日本史)

【夢日記】ショッピングモールで迷う

2020年1月21日

【夢の内容】

ある大きなショッピングモールに入ろうとしている。

30年くらい前に海老名で通っていたダイクマが、

最近リニューアルされて新しくなっているという。

f:id:yumemessage:20200121205322j:plain

買いたいものはなかったが、

久しぶりに中を覗いてみることにした。

しかし、入り口からかなり不思議なショッピングモールだ。

1人ずつカートをもって、らせん状の滑り台を降りなければならない。

降りた先には守衛さんがいて、チェックしている。

 

わたしは危険を顧みず、カートを持ったまま、滑り台を滑った。

守衛さんのところまで滑り降りると、

入って良いという合図。

 

中に入ると、天井が20mくらい高く、

壁一面に商品が積まれている。

 

自転車、スポーツ用品、遊具、キャンプ用品、キッチン用品等さまざま。

わたしは買い物をしたいわけではなかったが、

それぞれ、かなり離れた場所にあるので、

「●●が見たい」としっかり決めないといけない。

 

どれにしようか、と悩んでいる所で

目が覚めた。

 

【読み取ったメッセージ】

商品 ≒ 自分がやりたいこと

ではないだろうか?

夢の中では決められなかったことがミソだと思う。

現実でも、自分の本心や直感を頼りに

いろんな選択肢の中から決めるべきという意味と思った。

 

【夢日記】魔物と戦う

2020年1月20日

【夢の内容】

夜、何人かの仲間とある場所に来ている。

その場所には

何か、得体のしれない魔物のようなものがいるという。

f:id:yumemessage:20200120084405j:plain

その魔物は大きな力を持っており、何十何百人を一度に

殺すことができるという。

 

わたしは、自分自身でその魔物を倒すことができる

潜在能力があることを知っている。

それを発揮させるには、その場所の沼に身体を浸けないといけない。

 

仲間に周囲をガードしてもらい、

わたしは魔物の存在を感じながら、沼に浸かった。

 

無事に浸かることはできたが、

自分自身では、どう発揮させればいいかわからない。

発揮できることを信じるしかない。

 

車に乗り込み、一旦その場から離れる。

しばらく時間が経過しただろうか、

突然、魔物の仕業と思われる攻撃が始まった。

花火のような大きな爆発音とともに火花が飛び散る。

 

わたしは、今こそ、能力を発揮すべきと考え

強い願いを込めた。

そのとき、魔物と同じくらいの花火で火花を

飛び散らすことができた。

 

これで魔物を追い払うことができると

私も仲間も喜んだところで目が覚める。

 

 

【読み取ったメッセージ】

ちょうど今、解決しないといけない、大きな問題をいくつか抱えているので

魔物はその問題を暗示しているかもしれない。

恐怖心はあるものの、仲間の助けをかりながら、最後は自分の能力で解決できる可能性があることを読み取れた。

【夢日記】小さいカエルと一緒に歩く

2020年1月19日

【夢の内容】

野原にある道を、どこかの目的地に向かって歩いている。

 

一緒に歩いているのは、小さいカエル。

ピョンピョンと一緒に歩いている。

f:id:yumemessage:20200119102625j:plain

ときどき道からそれそうになるので、

誘導してあげている。

 

歩いている道をよく見ていくと

他の人たちも同じようにカエルと一緒に

歩いている。

 

中には、カエルもどきのような虫も交じっているようだ。

そのような虫は、立ち止まったり、隠れたりして

困らせているようだ。

 

ある女の子が困っていたので、

「それはカエルじゃなくて虫だから、カエルに変えたほうがいいよ」

と声をかける。

 

そして、更に道を進んだ。

 

目が覚めた。

 

【読み取ったメッセージ】

カエルの象徴を調べると、吉兆のサインらしい。

1センチくらいの小さいカエルだったので、小さい吉兆かもしれないが

良い意味で「変える」方向に進んだらいいな。

 

【夢日記】クリームを塗りたくられる

2020年1月18日

【夢の内容】

妻がクリームを手にいっぱい取っている。

そして、私の顔全体にクリームを塗りたくった。

f:id:yumemessage:20200118133628j:plain

とても冷たい。

しかし花のいい香りがする。

私は無抵抗のまま、クリームを塗り終わるのを待った。

 

クリームがす~と、しみわたってくるのがわかる。

 

【読み取ったメッセージ】

普段から乾燥していると言われていたので、

それが夢に現れたのだと思う。

今回は、夢の中で、冷たいという感覚と、いい香りを感じることができたので、

一歩前進できたのかもしれない。